カミソリやシェーバー・家庭用脱毛器などを使用した脱毛のコツ

MENU

カミソリやシェーバー・家庭用脱毛器などを使用した脱毛のコツ

家でムダ毛処理をしたい、という時に思い浮かぶアイテムがカミソリやシェーバーです。

 

こうした脱毛器具を使用した時、どのようなポイントを押さえればうまくいくのでしょうか。

 

カミソリを使用したムダ毛処理のコツ

ムダ毛処理に使う道具として最も多いのがカミソリです。

 

価格も手ごろで扱いやすい大きさ、ということで人気ですし、顔用、ボディ用、眉用など様々な種類が販売されています。

 

ただしカミソリは刃を直接肌に当てるため、肌を傷つけやすいです。

 

たとえ安全刃でカミソリの刃そのもので出血に至らなくても、目に見えない傷はつきます。

 

だからこそ正しい手順を踏んで使いたいのですが、まずは肌や毛を蒸しタオルやお風呂で温めましょう。

 

それから摩擦熱によるダメージを減らすためにジェルやクリームを付けます。

 

 

先に毛の向きに沿って、後から反対方向へムダ毛を剃っていくといいでしょう。


 

ムダ毛が剃れたら洗い流すかふき取るかし、保湿をして完了です。

 

ポイントは毛の剃り方の順番で、先に毛の流れに逆らうと肌を強く引っ張ってしまいます。

 

ですから先に毛の流れに沿ってカミソリを入れ、後から逆方向へ少しだけ引っ張るように剃りましょう。

 

シェーバーを使用したムダ毛処理


シェーバーも自己処理方法として最も多く使われている手段の一つです。

 

価格は高めですが、刃が直接肌に触れないため安全性が高く、安心感があります。

 

ただしっかりとしてシェーバーでなければムダ毛がきちんと剃れない可能性があります。

 

 

何度もシェーバーを行き来させると肌にダメージが与えられますので注意しましょう。


 

それからシェーバーを当てる前に何も塗らないという人もいますが、肌が弱い、不安だという方はプレシェーブローションを使うといいでしょう。

 

もちろんシェーバーとの併用可能かどうか確認する必要はあります。

 

シェーバーできれいにムダ毛を処理するときは毛を短くハサミでカットするとうまくいくようです。

 

肌への当て方も垂直に軽く押し上げるようにし、毛の流れに沿って剃りましょう。

 

シェーバーでの処置が終わったら、化粧水などで肌を保湿してください。

 

確かにシェーバーはカミソリに比べて肌への負担は少ないですが、全くないわけではありません。

 

化粧水やローションなどを付けて肌を保護することで、肌トラブルを防ぐことができるでしょう。

 

家庭用脱毛器のコツ

最近普及してきたのが家庭で簡単に脱毛できる家庭用脱毛器です。

 

脱毛サロンに行かなくても脱毛できる、ということで忙しい方やお金をかけたくない方に人気となっています。

 

ただし、家庭用脱毛器も脱毛サロンと同じ要領で脱毛しますので、肌に熱のダメージが与えられます。

 

出力は低いですが、肌が弱い方や不安な方は使用を控えた方がいいでしょう。

 

また毛が長い状態で行うと、肌に余計なダメージを与え、脱毛効果を低くしてしまいます。

 

 

事前にカミソリで剃る、ハサミで短くするなどしてから使用するのがポイントです。


 

カミソリで処理をする場合は前日までに処理するようにしましょう。

 

なお家庭用脱毛器は出力レベルを変えることができるものがほとんどです。

 

出力の高低調節ができるようなら、部位によって変えてみるのがおすすめです。

 

例えば皮膚が厚く硬い足や腕は痛みに強いですが、脇やデリケートゾーンは痛みに弱い部分です。

 

脇やデリケートゾーンは出力を弱めて使用するのがおすすめです。

 

脱毛を繰り返すとムダ毛も薄く、細くなってきますので痛みは和らいできます。

 

そうしたら出力レベルを上げて、ムダ毛を徹底処理するのもいいでしょう。

 

家庭用脱毛器での脱毛が終わったらクールダウンをし、保湿をするようにしてください。

 

まだまだある脱毛グッズ

自分で脱毛をする場合、選ぶことができるアイテムはまだまだたくさんあります。

 

例えば除毛剤はムダ毛を溶かして脱毛する方法で簡単ですから人気もあります。

 

ただし使い方を間違えると皮膚のたんぱく質を壊してしまいますので、使用方法を読むこと、成分を確認することが大切です。

 

広範囲の脱毛ができるとして脱毛ワックスも人気ですが、こちらも肌トラブルの心配がありますので、使用方法は確認してから使用しましょう。

 

また電動脱毛器としてトリマーという器具があります。

 

顔の産毛を剃るのにいいという方が多いのですが、産毛処理が目的ですから脇など毛の太い部分には適しません。

 

Vラインのお手入れとしてヒートカッターも人気があります。

 

ハサミを使うよりチクチクしない、自然な仕上がりになるのが特徴ですが、熱によってムダ毛を焼き切る方法なのでやけどに注意しましょう。

 

そしていずれの脱毛方法でも共通するのが、アフターケアの重要性です。

 

脱毛処理後にアフターケアをきちんとしたかどうかにより、肌トラブルの起こりやすさも変わります。

 

 

保湿をきちんと行い、熱電源を使用する場合はクールダウンもするようにしましょう。


 

脱毛処理のポイントはいろいろありますが、自宅で簡単にできるものばかりです。

 

ムダ毛が気になる季節に向けて、自宅で簡単に処理をしたいという方は、ポイントを押さえてみてください。