脱毛は注意して行うべき?肌のトラブル例と対処法について

MENU

脱毛は注意して行うべき?肌のトラブル例と対処法について

脱毛サロンに行けば何事もなくムダ毛がなくなり、きれいになることができる、とは限りません。
起こりうるトラブルについても知っておかなければ、いざという時に対処ができないからです。

 

やけどによるトラブル多発

ここ最近問題となっているのが、脱毛サロンを受けてやけどを負ったと言うトラブルです。

 

ニュースにもなるほどのトラブルで、実際に脱毛サロンで最も多いトラブルと言われています。

 

なぜやけどを負ってしまうのか、それは脱毛の仕組みにあります。

 

一般的に脱毛には光脱毛が使用され、毛根部と周辺組織にダメージを与えます。

 

ダメージを与えるとき熱が発せられていますから、脱毛処理が終わった後の肌の見た目は正常でも、肌内部はやけどを負った状態です。

 

 

つまり肌の中では炎症が起こっていますから、やがて外面的にもやけどを負ったような状態になると言うことです。


 

ひどい場合は水ぶくれになり、皮膚科で治療を受けなければなりません。

 

もちろん脱毛は中断となりますし、その後処置を受けることができなくなることもあります。

 

脱毛サロンでも脱毛後の処置はしてくれますが、自宅でもケアをするよう確認しましょう。

 

肌荒れが起こって皮膚科へ

脱毛を受けた後、肌荒れが起こって皮膚科を受診することになったと言う人が多いようです。

 

一般的に肌は光脱毛により内部がやけどを負い、外部刺激に弱くなってしまいます。

 

すると紫外線や汚染物質などによって肌がダメージを受け続け、普段は何でもないようなことでも簡単に肌荒れを起こしてしまうのです。

 

脱毛後の肌は水分が十分ではなく、敏感肌、乾燥肌と似たような状況です。

 

バリア機能も低下しているため、外部刺激から保護することが求められます。

 

 

そのためにはまず紫外線対策をしっかりすることが大切です。


 

肌のバリア機能が衰えていると紫外線は簡単に肌内部に浸入し、トラブルを引き起こします。

 

また日焼けをするとその後脱毛を受けることができなくなりますので、脱毛期間中は紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。

 

バリア機能をつかさどるセラミドを配合したローションなども有効とされています。

 

自宅でのスキンケアやアフターケアについて、指導を受けて守るようにしてください。

 

提携医療機関を確認しよう

万が一脱毛によって肌トラブルが起こってしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

その場合は脱毛の施術を受けた脱毛サロンに、ドクターサポートがないか確認してください。

 

大手の脱毛サロンによく見られるサービスですが、提携医療機関を紹介してくれます。

 

もちろん肌トラブルの原因が脱毛にある、という場合のみですが、医療費を負担してくれる脱毛サロンもあります。

 

またその後脱毛を受けないと決め、解約すると言う場合は残りの契約料金を返金、違約金は0、というところもあります。

 

ドクターサポートがない脱毛サロンもありますので、契約前に確認することも大事です。

 

 

脱毛する前から肌トラブルの心配をする人はあまりいませんが、もしものことを考えてあらかじめ確認しておくといいでしょう。


 

このとき同時に、中途解約についても確認してみてください。

 

分からない場合はカウンセリングを受け、その時担当者に聞いてみるといいでしょう。

 

カウンセリングだけであれば無料、という脱毛サロンが多いので気軽に予約してみてください。

 

またスムーズに提携医療機関を紹介してくれるかどうかは口コミで確認することもできます。

 

まずは保湿してみて

肌トラブルに見舞われたとき、緊急処置としてどうすればいいのでしょうか。

 

トラブルが起こったとき、脱毛サロンは営業時間外、誰も相談できる人がいない、痛みがひどいから今すぐどうにかしたいということもあります。

 

 

この場合はとりあえず保湿をするように心がけてみてください。


 

脱毛サロンで使われていることが多い光脱毛は毛根部及び周辺に熱によるダメージを与える方法です。

 

つまり肌の中はやけどを負った状態ですから、冷やすことでクールダウンとなります。

 

またバリア機能も低下していますので、保湿することで肌のバリア機能をある程度回復することもできるでしょう。

 

肌トラブルが起こる場合の多くはやけど、肌荒れと言ったことです。

 

ですから保湿をすることで肌を守り、鎮静させることができると期待できるのです。

 

もちろんすぐに状態が治まると言うことはありませんが、痛みなどはある程度和らぐでしょう。

 

中には水風呂に入ると言う人もいますが、長時間入るのは難しいです。

 

 

ボディローションや化粧水を使って肌を落ち着かせてあげましょう。


 

ただバリア機能が低下していますので、無添加のものや自然素材を使用したものなど、化学物質を使用していないものがお勧めです。

 

化学物質が肌を刺激してトラブルが悪化することもありますので、あらかじめローションなどを用意しておくのもいいでしょう。

 

脱毛サロンは100%肌トラブルがない、ということはありませんから、もしもの時に備えておくことは大切です。

 

特に肌が弱い方や肌トラブルへの不安がある方は、念には念を入れて備えてみてください。