クリニックやサロンが行っている主な脱毛の種類と特長

MENU

クリニックやサロンが行っている主な脱毛の種類と特長

脱毛と一口に言ってもクリニックやサロンでは脱毛方法が違います。

 

使用されているマシンも違い、それぞれに特長があります。

 

ここではクリニックやサロンが行っている主な脱毛の種類と、それぞれの特長についてご紹介しましょう。

 

クリニックで行っている医療レーザー脱毛の種類について

クリニックで使われているのは医療レーザー脱毛です。

 

 

サロンとは違ってクリニックでは医療行為となる医療レーザー脱毛ですから、より高い効果が期待されます。


 

波長により特定の色や物質に働きかけるレーザーは、皮膚科や眼科などさまざまな医療現場でもレーザー治療として用いられています。

 

医療レーザー脱毛では、黒いメラニン色素に反応する波長を持つレーザーが使用されています。

 

これを照射することで、黒い毛と毛根にレーザーの熱が集中して毛根の組織が破壊されていきます。

 

発毛のカギを握る毛根が破壊されるので、新しい毛が生えなくなるという仕組みで黒い色にしか反応しないので周囲の皮膚にはダメージがありません。

 

この医療レーザー脱毛にはいくつかの種類があります。

 

それぞれの特徴があるので、それに応じて最適な部位で使用することでより効果的な脱毛が可能になります。

 

医療脱毛の機械の種類

ダイオードレーザーは、照射範囲が広く短時間で脱毛ができ、さらに痛みも少なく安全性が高いレーザーです。

 

アレキサンドライトレーザーは、皮膚を冷却しながら照射されるレーザーで、それにより痛みを軽減しています。

 

ロングパルスヤグレーザーは、波長が最も長いレーザーなので、より深部にまでエネルギーが届きます。

 

濃いヒゲやデリケートゾーンの脱毛に効果的です。

 

YAGレーザーは、日焼けした色黒の肌にも利用できるレーザーです。

 

G-MAXも皮膚への影響が少ないために、日焼けした肌や色黒の肌でも利用できるレーザーです。

 

ライトシェア・デュエットは低い出力で効果的な脱毛効果が得られるレーザーで痛みが少ないです。

 

照射面積も広いので短時間での施術が可能になります。

 

医療レーザー脱毛の特長は!?

医療レーザー脱毛の特長は、なんと言っても優れた脱毛効果が期待できることと安全性の高さです。

 

ひと昔前まで主流だったニードル脱毛よりも大幅に痛みが軽減された上に、永久脱毛も期待できる脱毛法です。

 

それほど歴史は古い脱毛法ではありませんが、痛みが少ないことと優れた脱毛効果から急速に広がっています。

 

また万が一のトラブルの際にも、医師が常駐する医療機関での施術という安心感も魅力です。

 

さまざまな種類のレーザーで、部位ごとにより効果的なアプローチが出来ることも医療レーザー脱毛の特長と言えるでしょう。

 

サロンで行っている光脱毛の種類について

エステサロンで行われているのは光脱毛でフラッシュ脱毛とも言われていますが同じものです。

 

サロンで行っている光脱毛も、医療レーザー脱毛と原理はほとんど同じです。

 

特殊な光をメラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えていきます。

 

 

違いは使用している光がレーザーなのか光であるのかです。


 

医療行為を行うことが出来ないエステサロンではレーザーほどの高い熱エネルギーを持つ光を照射できませんから、その分脱毛効果も下がります。

 

この光脱毛にもいくつかの種類があります。

 

光脱毛の種類

IPL脱毛とSSC脱毛は光脱毛の代表的なものです。

 

どちらも毛根にダメージを与えていく脱毛方法ですが、使用しているライトとジェルが異なります。

 

IPL脱毛について

IPL脱毛は、キセノンランプと言われる光が使用された脱毛方法です。

 

このキセノンランプは、美顔エステで有名なフォトフェイシャル治療でも使用されている光です。

 

フォトフェイシャル治療には、シミやそばかすをケアして色白や美肌効果が期待できる施術です。

 

キセノンランプは黒色に反応する光ですから、毛のメラニン色素にも反応して熱エネルギーを届け、毛根の中にある毛乳頭にダメージを与えていきます。

 

レーザーのように熱エネルギーが高くないので、施術を繰り返して少しずつダメージを加えていきます。

 

永久脱毛はできず、毛の再生力を弱めていくことで抑毛効果が期待できます。

 

SSC脱毛について

SSC脱毛はイタリアで開発された脱毛システムで、毛根にダメージを与える光を利用するのは同じです。

 

ですが、さらに毛の成長を抑制する作用があるジェルを塗る点がIPL脱毛と違います。

 

発毛を抑制する成分入りのジェルを事前に肌に塗ってその上から光を照射していくので、光とジェルとの相乗効果が期待できます。

 

またSSC脱毛ではIPL脱毛とは違う光を使用しています。

 

IPL脱毛で使用されるキセノンランプよりも肌にやさしい光が使用されているので、より安全で痛みも少ないと言われています。

 

またジェルの作用によりメラニンの薄い産毛にも効果が出やすいと言われています。

 

脱毛効果の大きな違い

光脱毛には、IPL脱毛とSSC脱毛がありますが、脱毛効果については大きな違いは見られないようです。

 

光脱毛の大きな特長はなんと言っても値段がリーズナブルであることです。

 

また医療レーザー脱毛よりも施術中の痛みが少ないという特長もあります。

 

学生でも気軽に出来るのがサロンの光脱毛の魅力です。

 

しかしその反面、脱毛効果がなかなか実感できずいつまでも通うことになるなどのデメリットもあります。

 

クリニックやサロンではさまざまな脱毛方法で施術が行われています。

 

脱毛効果や料金、痛みなどもそれぞれに違いますから、それぞれの特長を良く知って最適なものを選ぶことが大切ですね。