お金をかけずに自己処理でも脱毛できる?その方法とは

MENU

お金をかけずにムダ毛処理できる?その方法とは

脱毛したいけど、エステやクリニックの脱毛はお金がかかるからと躊躇っている方も多いでしょう。

 

エステの脱毛はクリニックよりもかなりお手頃な値段ですが、それでもいろんな部位を脱毛すればそれなりにかかります。

 

お金をかけずに自己処理でも脱毛することは出来るのでしょうか。

 

そもそも脱毛とは!?

そもそも脱毛とは、どういう意味なのでしょう。

 

 

除毛と脱毛は似ているようですが、意味が違います。毛を毛根部分から取り除くことを脱毛と言います。


 

脱毛は自己処理では無理と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、毛抜きやピンセット、ワックスを使ったお手入れは脱毛になります。

 

エステやクリニックでは、毛根部分の細胞を光やレーザーのエネルギーを照射することでダメージを与えていきます。

 

ダメージが加わり破壊された毛根からは発毛しなくなります。

 

毛抜きやピンセット、ワックスは、毛根部分から毛を抜く方法になります。

 

エステやクリニックのように毛根を破壊することはできないので、またしばらくすれば毛は生えてきます。

 

同じ自己処理でもカミソリやシェーバー、除毛クリームなどを使った方法は、脱毛とは言いません。

 

 

皮膚の表面に出ている毛を取り除くことしかできないのです。


 

毛根部分から取り除くことができないので、毛抜きなどの脱毛よりも短期間でまた毛が生えてきます。

 

そして初期費用はかかりますが、家庭用脱毛器もあります。

 

家庭用脱毛器は、エステの脱毛が家庭でも手軽にできるマシンです。

 

そのほかにお金をかけずに自己処理でも脱毛できる方法には、毛抜きとワックス脱毛があります。

 

毛抜きによる自己処理は肌ダメージが怖い!

毛抜きを使った自己処理は、カミソリやシェーバーよりも長期間ツルツルな状態が保たれます。

 

またお金をかけずにお手入れ出来るので定期的に行っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、毛抜きにより自己処理は肌ダメージがとても大きいことを知っておきましょう。

 

毛抜きでの自己処理を続けていると色素沈着や埋没毛、毛穴の突起などのトラブルが発生します。

 

毛を無理やり引き抜くのですから、肌には大きなダメージが加わっています。

 

紫外線ダメージと同様に、外部から何かしらのダメージが加わった場合には皮膚内部でメラニンが大量に生成されます。

 

毛抜きを続けているとメラニンが蓄積されて色素沈着を起こす可能性が高くなります。

 

 

埋没毛は皮膚の中に毛が埋もれてしまう状態のことです。


 

毛根からきちんと毛が抜ければよいのですが、抜いていると途中で毛が切れてしまうこともあります。

 

皮膚の途中で切れてしまった毛が、そのまま毛穴の横の皮膚に刺さったまま成長すれば埋没毛になります。

 

また毛穴の中に毛が残り、毛穴がふさがってしまう場合もあります。

 

いずれにしても、毛が皮膚から出てこれない状態となりそのまま皮膚内部で成長してしまいます。

 

こうなるとムダ毛よりも厄介です。

 

毛穴の突起も良くあるトラブルです。

 

毛抜きで毛を引き抜くときに同時に毛穴周辺の皮膚まで引き抜いてしまうので毛穴が盛り上がり、ぼつぼつとした状態になるのです。

 

 

常に鳥肌が立ったような肌になってしまい見た目も悪くなってしまいます。

 

ワックス脱毛の手順と効果について

ワックス脱毛は、専用のワックスを肌に塗ってその上からシートを貼り一気にはがすことで毛を抜いていく方法です。

 

一見とても痛そうですが、手軽にできて即効性もあり肌ダメージの少ないワックスも出ていることから、おしゃれ女子に人気です。

 

顔も脇も背中やビキニラインまで全身どこでも脱毛出来て、1度行えば2週間から長い人であれば1か月ほどは効果が持続することがメリットです。

 

シートをはがす際に古い角質まで取り除くことができるので、美肌効果もあると言われています。

 

しかし、ワックス脱毛も決して肌ダメージが少ないとは言えません。

 

こちらも無理やり毛を引っ張っているので埋没毛になる恐れや、毛穴が大きくなりやすいです。

 

肌ダメージによる色素沈着にもなりやすく、痛みもあり肌老化も進みやすいです。

 

家庭用脱毛器は初期費用が心配!?

最近では、エステの脱毛ほどの効果が期待できる家庭用脱毛器もたくさん発売されています。

 

自宅でも手軽にエステ脱毛が出来るとあって人気ですが、やはりそれなりに初期費用がかかりますから躊躇ってしまう方も多いでしょう。

 

 

家庭用脱毛器の一番のメリットはやはり一度買ってしまえば、何度でも脱毛出来るということでしょう。


 

毛質や部位によってはかなりの回数を重ねないと効果が現れない方もいます。

 

エステならそのたびに費用もかかり通うのもかなりの負担になりますが、家庭用脱毛器があればその心配はありません。

 

数万円の初期費用がかかりますが、自宅で使いこなすことができれば十分に価値があるでしょう。

 

お金をかけずに自己処理でも脱毛はできますが、家庭用脱毛器以外は肌への負担が大きいのでおすすめできません。

 

毛を抜いてキレイな肌になるつもりが色素沈着や埋没毛になれば、回復するのが困難ですから十分に注意してくださいね。